新卒として成長するために意識しておく大事なポイント3つ

新卒に知っておいてほしいポイント

新卒として入社して成長するために意識していることは?

新年度も2ヶ月を過ぎ、企業では新入社員が各部署に配属されたり、新しい環境に少しずつ慣れてきた頃かと思います。

 

学生時代やアルバイトの時と比べ、高いスキルや人間性を求められることが社会人では多いです。

 

それは、企業という仕組みの特性上、社員に支払うお給料以上に儲けがないと会社がつぶれてしまうからです。

 

これは大学やバイトでも同じで、その大学やお店でかかっている人件費や費用よりも大きな儲けがないと、その大学やお店はつぶれてしまいます。

 

そのため、学校とは違ったそれぞれの会社の「教育方針」「教育制度」のもとで様々なことを学ぶことになります。

 

企業としては優秀な人材を育てて、会社の利益に直結する働きができる人材育成を目指さないといけません。

 

そして、そこで働く社員はその教育環境の中でいかに自分の力を伸ばしていけるかが大事になってきます。

 

そのような教育環境の中で、勉強する時に意識しておくと大事なポイントを3つシェアしたいと思います。

 

新卒として成長するために意識しておく大事なポイント3つ

1.質問する意識をもつ
2.ノートをとる
3.アウトプットをしよう
最後に

 

新卒に知っておいてほしいポイント

 

1.質問する意識をもつ

勉強の場での質問はとても重要です。

 

自分の中で何を理解していて、何を理解していないのかが明確化していないと質問することもできません。

 

自分の疑問を言語化することで、考えようとする力も身につきます。

 

粟津恭一郎さんの著書『「良い質問」をする技術』にも質問力の重要性が書いてあります。

 

その中には相手の話す内容だけでなく「話し方」や「言葉に込められた感情」にも注意を払う必要があると書いてあります。

 

そうすることで質問する自分の表情や姿勢などにも意識を向けることができ、質の高い質問ができるようになるそうです。

 

2.ノートをとる

新卒のみなさん、先輩に呼ばれたときや質問しに行くときにノートを持っていってますか?

 

ノートは自分の頭の中を整理する役割もあり、意外と重要です。

 

ホワイトボードに書かれている内容、もらった資料に書かれていることは、見た人に共有するために書いてあるものなので、あなた用には編集されていません。

 

教えてくれる人の言葉や資料に書いてある内容が、自分的には分かりにくい言い回しだった場合、それを何となく聞いているだけではなかなか頭に残りません。

 

そんな時に、ノートに自分なりの言葉で書いてみたり、教えてもらったことを自分なりに編集する事で、自分に一番合った形でインプットすることができます。

 

時間が経ってあとで見直すことができるのもノートの便利なところです。

 

3.アウトプットをしよう

 

米パデュー大学のカーピック博士は、「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」と、ある雑誌に報告しています。

 

インプットばかりでアウトプットをしない脳の状態を「知的メタボリック症候群」とも言い、思考力が低下してしまう可能性もあるそうです。

 

アウトプットと聞くと、覚えたことを誰かに話したり説明したりすることと思われがちですが、覚えたことを書き出してみるだけでも立派なアウトプットになります。

 

もちろんしっかりとしたインプットをしていないと、アウトプットをしても意味がありません。

 

インプットとアウトプットの両方が質の高い状態で行えるように意識してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。以上が、『新卒として成長するために意識しておくと大事なポイント3つ』となります。

 

最後に

 

もちろんこれが全てではないですし、答えでもありません。

 

 

勉強の仕方は人それぞれです。

 

社会人になって勉強の仕方がわからない、という方はこれらをぜひ参考にしていただいて一度試してみてはいかがでしょうか?

 

これがきっかけとなり、自分なりの勉強法が見つかり、自分の力を最大限に伸ばしていくことができるかもしれません。

 

ここで、大手の企業が取り入れている社員教育を少しですが取り上げてみたいと思います。

 

大手携帯キャリアの1つソフトバンクでは「社内認定講師制度」といった制度があります。

これは、自分のノウハウや知識を他の社員に伝承していく制度を取り入れ、社員のスキルアップ目指しているそうです。

 

グローバル企業のGoogleやAppleでは生産性の向上、ストレスの軽減、他者への思いやり向上に効果があるとされている「マインドフルネス」という瞑想を取り入れ、独自の成長をし続けている企業もあります。

 

そして弊社アキュートでは「ワークライフなび」というサービスを展開しています。

 

これは、「入社 → 教育 → 卒業」という独自の仕組みを通して、どんな業界でも活躍できる人材育成に取り組んでいます。

 

具体的には、教育の部分ではTeaching Assistant(TA)制度を取り入れており、社員1人1人に対して担任の先生がつき、毎月カウンセリングも行い、個々の成長スピードに合わせた教育カリキュラムも実施しています。

 

卒業では、教育を通して学んだことをいかし、その人が輝ける会社、業種、分野への正社員としての送り出しを支援しています。

 

社会人に向けた教育は、弊社アキュートのような独自の社員教育カリキュラムだけでなく、ネットやYoutubeでも広く公開されていたりします。

 

色んなところに成長のタネがあります。

 

新卒であれば、まずは自分の会社で提供されている教育システムはしっかりとフルに使って、自己成長を目指していくのがいいと思います。

 

アキュートでは仕事を探している方を募集中!
「教育+派遣」を通して成長し、将来の正社員を目指しませんか。


LINE@で友達になる

友だち追加

新卒に知っておいてほしいポイント