合同企業説明会:相手の目線に合わせて物事を考える”重要性”

こんにちは!
株式会社アキュート TAの宇崎です。

10月18日に行われた、東京コミュニケーションアート専門学校(以下:TCA)の合同企業説明会に参加してきました!

 

 

西葛西駅を下車して、歩くこと2分。
10月1日に完成した、できたてほやほやの新校舎が見えてきました!

説明会前半戦、学校見学に参加し、「創造欲求」をかきたてるTCA新校舎を各企業一行で巡ります。

 

 

そしてTCA新校舎は、googleなど世界的企業のオフィスを手掛けるゲンスラー社によってデザインされたそうです(す、すごい!)。

 

 

各教室の壁は一面ホワイトボードになっており、学生達が想いのままにディスカッションやアイデアを出し合える環境になっていました(これすごくいい!取り入れたい!)

個人的に、校舎8階のカフェラウンジは開放感があり、日の光も心地よく非常にリラックスできる空間でした(お昼にTCAさまからお弁当をいただいたのですがボッチ飯をしました)。

学校見学の後は、いよいよ企業説明会のパートに突入。

こちらも気合が入ります!

 

 

3階の教室に会場を構えたアキュートブースには、説明会開始時からたくさんの学生さん達が来てくださいました。

学生さんの中には、なんと前回のアキュートの説明会に参加してくださった方が数名いらっしゃいました(嬉しい!)。

今回の説明会に参加してくれた学生さん達の夢は、、、

「シナリオライター」や「プログラマー」「イラストレーター」といった専門的な職業から、「一般職」という夢は追わないという選択を決意している学生さんも。

資料が表示されるディスプレイを真剣な面持ちで見つめる学生達の目には、希望であったり、覚悟であったり、不安であったり、迷いであったり、それぞれ色んな思いが浮かんでいました。

 

 

学生の中に一人、栃木県足利市から西葛西まで片道3時間かけて通学している女の子がいました。

将来イラストレーターの職を志望しているけれど、地元である足利ではなかなか見つからない…

東京での一人暮らしを考えてはいるが、金銭面での不安が…

一度イラストレーターの夢は諦めて、違う職種で社会経験を積むべきか…

持参した自分のイラスト集を片手に語る彼女の表情は、将来に対しての葛藤が出ていました。

そのせいか、「絵が描ける」という才能があるにも関わらず彼女は終始自信がなさげで、せっかく人とは違うキラリと光るものを持っているのに、と惜しい気持ちになりました。

 

しかし、ただ単に、

「自分に自信を持つ」

と言っても、

「もっと自分に自信を持ちなよ」と

言葉で言うのは簡単ですが

実際は、その時の心境や状況、その人の性格や過去の境遇によって「自信を持つ」ということに対しての考え方が変わってくるものだと思います。

これはこれからのTA活動の中にも生きてくる事であり、彼女に出会い、“相手の目線に合わせて物事を考える”重要性を再認識することができ、様々な刺激を受けることができた説明会となりました。

 

 

、、、最後に一つ、ぼっち飯はつらいぞ。

 

アキュートでは仕事を探している方を募集中!
教育+派遣をすることで成長し、将来の正社員を目指しませんか。