リアル体験談:私はこれが理由で夢を追うのをやめました

これで夢を追うのを辞めました

リアル体験:私はこれが理由で夢を追うのをやめました

夢を追っていた数多くの人たちと会って話をすると、夢を追うのをやめたケースとして大きく三つに分かれます。

まず一つ目は年齢パターン。二つ目は収入パターン。三つ目は将来性パターンです。

夢を追いかける理由も人それぞれあり、辞める理由も人それぞれあります。多くの夢追い人に会って話した結果、大きく三つのパターンに大別されていました。

意外なのが、その追いかけていた夢がイヤになっちゃったとか、もう嫌いになっちゃってやめるケースというのはほとんどありませんでした。

どちらかというと、環境の変化や年齢の変化にともない、そのおかれている状況をクリアしなきゃいけなくなってしまって辞めていくパターンがほとんどです。

人によって状況が違うと思いますが、漠然と夢を追いかけてる人の見つめ直すきっかけになってくれたらいいなと思っています。

1.年齢パターン

これで夢を追うのを辞めました

夢を追いかけるっていうのは他の人たちが就職しているのとは別の道に一つ後絞り込んで、例えば声優だ!とか音楽だ!とか芸人だ!とかそういったものを追いかけていくんで当然リスクが伴います。

リスクを伴うので25歳だとか30歳だとかでまでやる!っていう期限を決めている人が多いというのが実態です。

特に30歳ですね。30歳を超えてくるといわゆる転職が難しくなってきます。結婚をして家族を養っていかなきゃいけないといったケースが多いです。

他には親の意見として「もう30歳なんだからしっかり仕事してほしい」という風に言われたりするターニングポイントになることが多い年齢が30歳で、そういった相談をされる方も多いです。

実際に、30歳でもう夢を追うことをやめて就職をした人たちもいれば、そのまま30歳のターニングポイントを過ぎて40歳に向かう人たちもいます。

30歳後半だとか40歳過ぎても50歳過ぎても追いかけている人達も当然います。そういった人たちが20代の頃のように情熱を持ち続けて夢を追い続けることができるかと言うとなかなか難しいのが現状です。

いつまで経っても自分にスポットが当たらない日々。後から台頭してくる若手たち。日々生活していくためのアルバイトの毎日。

体が20代の頃より衰えてきたり、アルバイトで疲れやすくなったりと、本気で追っていると思っていても、内心だらだらと過ごしてしまっている自分自身の状況に後悔している人が多いのも実態です。

人によってはもう結婚を諦めている。もう就職も諦めている。その追いかけてる夢も本心では成功しないのではないか、というふうに諦めている人たちも多いという実態もあります。

2.収入パターン

収入ですが、夢を追いかけてるという芸人さんだったりとか、ミュージシャンだったりとか、声優さんだったりとかはアルバイトで生計を立てているケースが多いので、非常に不安定だというのがあります。

また、今直近ではコロナの影響によって色んなステージ活動とかが全くできないというのもあります。収入が非常に安定しない。

今回のコロナのような世界的な問題もあり得ますし、何だったらほんの些細なトラブル一つで収入がゼロになるということもあったりするため、そこから不安を感じて辞めるケースも多かったりします。

実際にインタビューを取らせていただいた29歳で夢を追いかけている方がいたんですけど、その方が高校の同級生と久しぶりに会って年収の話になったそうです。

正直な話、20代前半とかだったらアルバイトをしていると、金額だけを考えた場合、新卒で入った会社で勤めた場合とそこまで大きな開きはないです。しかし、30歳ぐらいになってくると収入面で大きな開きが出てきます。

同級生と自分との年収の差が300万円近い開きがあり、その話を聞き愕然としたそうです。

オレは今まで何をやっていたんだろう、と。

そういった状態になって辞めるということを考え始めたケースもありました。

3.将来性のパターン

これで夢を追うのを辞めました

今はSNSとか発信をするためのツールが非常に多くなってきています。そして飽食の時代と言われる通り、色んな物が安価で揃えられるようになった豊かな世の中になっています。

その環境を受けて、自分のやりたいことを追いかけるという選択をしている人が比例して増えていっているのが現状です。

追いかける人が増えているということは同時にライバルも増えていることになります。ライバルが多くなるということは、生半可に夢を追いかているとその競争に勝てないということが非常に増えてきている状況です。

若いうちは、希望やある種その無謀に胸を膨らませて追い掛けて行けます。そしてその自分自身がこうキラキラして素敵だなというふうに思って追い掛けていけるんですけど芽が出ない状況が続けば当然後々後悔する訳です。

30歳以上の方々で、夢を追いかけるという選択を選んでいる人達の過半数以上が口を揃えて「もう取り返しが付かなくなった」と、過去に戻れたとしたら同じことをやるか?と聞く「絶対やらない」という風に答えます。

最後に

もしこの記事を読んで不安だな、と思った方は正直覚悟がまだまだ足りないと思います。

本気で追いかけている方は、自分の進んでいる道が当然荒波である、なかなか芽が出にくいものを追いかけているという事を知った上で、それでも自分を賭けていく!というしっかりとした覚悟を持っています。

そういった覚悟を持っている人たちがやはり夢を掴んでいる傾向が多いです。(それでも叶わないケースもありますが。)

この記事で不安を覚える方は今一度、自分自身の覚悟っていうのを見直していただきたいなと思います。

自分の将来のことは誰にも分かりません。だからこそ少なくとも後悔のない決断をしていってほしいと思います。

これで夢を追うのを辞めました