【なったん】アメリカで忍者修行をしながら生活費を稼ぐ忍者芸人!

忍者芸人なったん

アメリカ忍者修行「生活費稼がないと生きていけません!」

現在アメリカで忍者修行中のなったん!

 

日本に生きて帰れるかどうかはアメリカでの活動次第!

 

憧れの忍者!そして芸人となり、日々忍者修行中!!

 

Twitter
なったん/NATTAN@忍者芸人(@ktmnattan

YouTube
NINJA NATTAN

インスタグラム
ktmnattan

polca
ktmnattan|忍者芸人なったん

アメブロ
やらないで後悔ならやっちまった後悔!忍者芸人「なったん」としての生き様を見てください!!

 

現在の活動について

アキュート
忍者芸人なったんさんは今、具体的にどういった活動をされていますか?
なったんさん
忍者芸ですね。
アキュート
それこそ火を吹いたりとかですか?
なったんさん
そうですね。やりたいんですけど、ライブ会場的にダメだと言われ・・・
アキュート
ふふふ(笑
なったんさん
私は武器をいっぱい持っているんでその武器を紹介していますね。
アキュート
どんな武器を紹介しているんですか?
なったんさん
鎖がまとか手裏剣とか、、
アキュート
鎖がまですか!?
なったんさん
はい。後は家用の手裏剣で練習をしたりとかしていますね。
アキュート
お笑いの舞台では忍者とお笑いを絡めて、どういったことをされているんですか?
なったんさん
YouTubeにもYouTube「NINJA NATTAN」としてあげているんですけど、最初は本物の武器を披露して、後から刀をいざ抜くと傘だったりといったことを披露していますね。
アキュート
ちょっと事前に聞いてたんですけど、ローラーダービーの元日本代表に選ばれているってお伺いしたんですが。
なったんさん
そうですね。忍者の身体能力の高さから選ばれましたね(笑

 

アメリカに行くためにやっていること

忍者芸人なったん
アキュート
YouTubeなどを拝見すると、テレビ朝日、朝日新聞、日本テレビ、雑誌など色んなメディアに登場されてますよね。
なったんさん
忍者としても芸人としても出演させていただいてますね。
アキュート
今度からはアメリカにも行くそうで。
なったんさん
はい、そうなんです。
私の元々の夢が漫才師で世界に挑戦する!っていうのが夢だったんです。

ただ、10年相方ができなくて漫才師で世界に挑戦する夢は諦めて、今度は自分一人で世界に挑戦することを目指しました!

アキュート
おお!素晴らしい夢ですね!!
なったんさん
その時に、ただ一人で何もなく世界に挑戦するのは怖かったんで、キャラを付けていこうということで『忍者芸人』として活動することにしました。
アキュート
”交通費稼ぐまで帰れません”といった生動画配信なんかもされているって聞いたんですけど、、
なったんさん
色んな現地に行って、そこで帰りの交通費を稼いだら帰れるっていう企画をやりましたね。
アキュート
ハハハ(笑

交通費が稼げなかったら帰れないんですか!?

なったんさん
そうですね。
アキュート
その中で一番キツかったのはどこですか?
なったんさん
沖縄が一番キツかったですね。
当日の飛行機代が3万5千円くらいするので、それを一泊二日で稼いで、ダッシュで空港に行って、キャンセル待ちをしてギリギリで帰れた沖縄が一番ですね。
アキュート
何かもう修行の一環みたいですよね(笑
なったんさん
はい、アメリカに行くための修行の一環としてやっているってのもあって、アメリカに行くのに日本全国を周っていないのは失礼だろうと思って、路上ライブしてました。
アキュート
生き方が忍者ですね(笑
アメリカに行かれた時はどういったことをされるんですか?
なったんさん
先ほどの日本でやった”帰りの交通費を稼ぐまで帰れない”のと同じようなことをやろうとしていて、もう行きのチケットは買ったんです。

でも帰りのチケットはないし、現地に行って生きていく生活費もないので「忍者レンタル」というのをやろうとしています!

アキュート
忍者レンタルですか!?
なったんさん
基本は1時間1千円なんですけど、あとは州に合わせつつ生活費を稼いでいこうと思っています。
アキュート
良いですね!
日本みたいに取材とかされたりすると反響ありそうですよね。
なったんさん
アメリカのテレビに出たいですね!
アキュート
日本では「ヒルナンデス」とか「月曜から夜更かし」とかで映ってますからね。
なったんさん
「ヒルナンデス」は新宿にある忍者からくり屋敷という忍者体験ができる場所があって、そこの取材の時に手裏剣が得意だった私がゲストの方に教えてましたね。

これはたまたま何ですけど、手裏剣大会に向かう途中で自転車に乗りながら渋谷にいたら「月曜から夜更かし」のスタッフさんに声を掛けられまして。

アキュート
その取材の時も赤い忍者の格好だったんですか?
なったんさん
はい。いつもこの忍者の格好をしていて、私服とかはもう全部捨てちゃったんです。
アキュート
えええ!?スゴイですね!
私生活もずっと忍者なんですね。
なったんさん
ありがたいことにそれからは道を歩いていても指をさされることが多くなりましたね。

 

芸人を目指したきっかけ

アキュート
今では忍者芸人となった、なったんですが、元々芸人を目指そうと思ったきっかけって何だったんですか?
なったんさん
姉妹で漫才をされている「海原やすよともこ」さんがきっかけでしたね。

元々、お笑いって男性がやるものというイメージがあったんですけど、女性でバリバリ活躍して、男性もドンドン押しのけてテレビに出てるっていうのがスゴイ格好良くて、私もこんなしゃべくり漫才で天下取りたい、M-1で優勝したいっていうのがきっかけでした。

アキュート
子供の頃から漫才師になりたいと思っていたんですか?
なったんさん
子供の頃は忍者になりたいと思っていました。
アキュート
そうだったんですね!?
なったんさん
はい。芸人よりも先に子供の頃から忍者になりたいと思っていたんですけど、就職する時の就職欄に『忍者』がなかったんで・・・
アキュート
ハハハ(笑
なったんさん
じゃあしょうがない!ということで芸人を目指すことになりました。
アキュート
そこからどうされたんですか?
なったんさん
高校を卒業して養成所に入りました。
アキュート
養成所に入られたんですね。
いったん芸人の世界から離れていた時期もあったってお伺いしたんですが・・・?
なったんさん
はい。養成所を卒業して、プロの芸人として頑張るぞ!ってなった時に大すべりして、それで心が折れちゃっていったんは芸人から離れました。
アキュート
辞めた期間は何をしていましたか?
なったんさん
その時は芸人を辞めてパンを焼いてました。
アキュート
今とは全く違う環境にいたんですね。
そこからまた芸人さんにはどうやって復活されたんですか?
なったんさん
ずっとバラエティ番組を見ないようにしてたんですけど、ある時「もう大丈夫だろう」と思ってバラエティ番組を見た時に、涙が出るほど面白いのと同時に悔しい気持ちもあって、、私にとってこれくらい好きなことなんだってその時に気付いて、それだったら一生やっていこうと決めてこの世界に戻ってきました。

 

芸人をしていての実績

忍者芸人なったん
アキュート
何か実績とかがあれば教えていただけますか?
なったんさん
芸歴10年目でアメリカに行くことを決めて、『100人満席にしなければ忍者辞めます』という単独ライブをやって、100人集めたことですかね。
アキュート
100人はスゴイですね!
事務所に所属してても難しいのに、どうやって集めたんですか?
なったんさん
そもそもファンがいない状態だったので、前のバイト先とか今のバイト先とかに声を掛けたり、あとは私お酒が飲めないんですけど知らない居酒屋に飛び込んだりしてましたね。

この忍者の格好で行くと酔っぱらったお客さんとかに話しかけてもらえるので、「こういう者で今度、単独ライブやるのでもし良かったらチケット買ってもらえませんか?」っていう活動をして常連さんや応援してくれる方を増やしました。

アキュート
100人は本当にスゴイですね。
なったんさん
いや~本当、奇跡ですね。

 

芸人をしていて身に付いたこと

アキュート
芸人をされていて、身に付いたスキルとかってありますか?
なったんさん
やっぱりメンタル面じゃないですかね。
アキュート
なるほど。
なったんさん
芸人ってスベるかスベらないか考えているうちはスベっているので、何も考えずにちょっとでも面白いと思ったことを発言するっていう気持ちの強さは芸人をやっていると絶対に身に付きますね。

あと舞台も私は足が震えるほど緊張しやすくて、最初は全然できなかったんですけど、今はいつが舞台なのか分かんなくなりましたね。

アキュート
ハハハハハ(笑

 

芸人をしていて大変だったこと

アキュート
次に、大変だったことってどんなことが思いつきますか?
なったんさん
詐欺にあいかけたことですね。
アキュート
詐欺ですか!?
なったんさん
いっぱいあるんですよ。。
東京に来てそういう話が多くて、例えば、「本を出したら1位になれるから本を出さないか。それをやるには何百万円かかる」と謎の部屋に呼び出されたり、後はよくあるねずみ講のような話とか多かったですね。
アキュート
そういった話、多いですよね。
そんな中で失敗だな、って思う事ってありますか?
なったんさん
失敗も笑いに変えられるので、失敗はないんじゃないかな、って思います。
アキュート
良いですね。
東京に出てから色んな経験もしていると思うんですが、先ほどの一度芸人を離れたお話があって、そこから再び芸人をされてからというのは芸人を辞めようと思ったことはありますか?
なったんさん
辞めようと思ったことは1回もないですね。

 

芸人になりたい、目指している人へ一言

忍者芸人なったん
アキュート
次に、芸人になりたいと言っている人、目指している人に向けて一言お願いします。
なったんさん
「辞めたほうがええで」です。
アキュート
「辞めた方が良い」ですか?
なったんさん
こんなしんどいことはないと思うので。

本当に覚悟を持ってやらないとできないと思うので、好きだけというのでは特に今の時代、厳しいと思います。

 

芸人の夢を諦めた方に一言

アキュート
逆に、芸人の夢を諦めた方というのもいらっしゃって、そういった方に向けて一言お願いします。
なったんさん
「素晴らしい人生を送ってください」です。
アキュート
逆にね、芸人時代に色々と鍛えられたと思うので。
なったんさん
芸人をやっていた経験は絶対に良い経験につながると思うので。
アキュート
そうですよね。どんな経験がどこでいきるか分からないですからね。

 

夢自体がない、見つからない、という人に一言

アキュート
今度は、夢自体がない、見つからない、という人に一言お願いします。
なったんさん
「いつか出てくるから、忍者のように今を一生懸命生きろ」です。
アキュート
良いですね!忍者のように!
なったんさん
忍者にとって毎日が修行ですから。同じ日は絶対に二度とこないんで。

例えばどうやったらこの電車の乗り換えがうまくできるか、とか小さなことでも良いと思うんです。

アキュート
なるほどですね。
同じ日は絶対に二度と来ないですからね。小さなことでも考えて動いてみることが大切ですよね。
なったんさん
精神的な忍者になれば良いんじゃないかと思います。
アキュート
本日はありがとうございました!

 

忍者芸人なったん