【ニューユース】大学でコンビを組んだ2人がフリーライブ、事務所ライブを通して芸人を目指す!

ニューユース

大学で偶然出会った2人が学生芸人として有名人を目指す!

大学1年生からコンビを組んで活動するニューユース。

 

学生だからこそ感じること、養成所に通っていないからこそ感じる点と様々語ってもらいました。

 

芸人を目指す、目指してみたい若人は必見!

 

【Twitter】
ニューユース はるき
はるき(@araiharuki4455
ニューユース 新保雄介
新保雄介(@sinbo0921

 

芸人をやろうと思ったきっかけ

ニューユース
アキュート
ニューユースを結成してどれくらい経つんですか?
はるきさん
ちょうど1年です。
アキュート
もともとお笑い芸人をやろうと思って今の大学を選んだとかですか?
新保雄介さん
いや、僕は違いますね。

僕は芸能人になりたくて、こっちの大学に来ました。

はるきさん
リアルだなぁ(笑

最初は教員志望で入って、大学生って勉強して、バイトして、遊んでっていうローテーションだったりするじゃないですか。

アキュート
勉強が小っちゃいイメージあるけど(笑
はるきさん
ハハハ(笑

ちょっとつまらないなぁって1年生の後期くらいに思って。
ジャニーズは・・・顔面的に無理だ。
俳優も・・・緊張しちゃうから無理だ。

最初に踏み入れるとしたらお笑いなのかな、楽しそうだと思ってお笑い芸人になりました。

アキュート
それはふと思ったんですか?
はるきさん
家で勉強しながら考えていた時にふと思いました。
アキュート
急にでそこまで思えるってすごいな。
新保さんは元々、東京ではなかったんですか?
新保雄介さん
元々、新潟の方にいて、有名人になりたいって、、、
アキュート
それはいつから思ってたんですか?
新保雄介さん
高校生くらいの時から思っていて、自分最初は歌手志望だったんです。

ジャニーズになりたいと思ってたんですけど、なかなか行動力と決断力が足りなくて、何回もスクールの体験レッスンに通ったりしたんですけど、いざ入会となるとこれでいいのかなとか、お金がとか考えてしまって。

結局入会しないままダラダラしていた時に、元々自分が明るくてバカなことやったりする性格だったんでお笑い芸人どうだろう?って思って、相方を探してました。

アキュート
それでニューユースが出来たんですか?
はるきさん
ニューユースの前に別の相方と組んでたんです。
新保雄介さん
実質あまり活動はしてなかったんですけど、1回受けてみようってことで仲良い友達とオーディションを1回受けたりしてました。
アキュート
それはいつ頃ですか?
新保雄介さん
1年生の12月くらいですね。
それでオーディションを受けてらボロクソに言われて・・・

相方も「クリスマスの日に何でこんなにボロクソ言われないといけないんだ」って言って。

アキュート
それはなかなかシビアですね。
新保雄介さん
その後にはるきと出会うんですけど、最初は全然組む気がなかったんですよ。
アキュート
それは何で?
新保雄介さん
正直面白いと思ってなくて。今だから言うけど(笑
はるきさん
うるさいわ!(笑
アキュート
ハハハハハ(笑
新保雄介さん
テニスサークルで出会ったんですけど、、
アキュート
ほぉ、学生っぽい(笑
新保雄介さん
同じ志がないと無理だなっていうのがあるので、一番はやる気が大事かなって思ってたんです。

それで組んでみたら「あれ?意外と漫才の才能あるんじゃない?」って思って、組んで良かったな、って思ってます。

アキュート
よく聞くのが、芸人さんが養成所に通うとそこでコンビを探したり組んだするって流れがあると思っていて、でも学生の場合って「お笑いやろうぜ!」ってなかなか無いじゃないですか。
そういうのはどうやって出会ったんですか?
はるきさん
僕がお笑いやりたい!ってなってお笑いサークル作ったんです。

最初「入れよ」って言ったときはダメだったんですけど、さっきのオーディションでボロクソに言われた後に「ちょっと考える」ってなって(笑

新保雄介さん
最初は本当に入る気が無くて・・・。

それも理由があって、学内でやってても外に繋がらないんじゃないかなって思って賛成的じゃなかったんです。

でも1回参加したら楽しくて、

アキュート
おお、サークルが楽しかった?
新保雄介さん
即興漫才みたいなことをやっていて、、、

台本も無いですし下手なんですけど、5人くらいでやってみたら楽しくて

アキュート
サークルは何人くらいいるんですか?
はるきさん
3年生にあがる前にもう来てる人はあまりいなくて、幽霊部員が多いですね。

僕らともう一方のコンビがほんとたまに活動するくらいですね。

アキュート
そうすると実質、ニューユースがイコール、サークルみたいな感じなのかな。
はるきさん
お笑いサークルに所属していないと出れない学生ライブとかもあるのでそれのために入っているのもあると思うんですけど。

でも新入生3名くらいからDMで入りたいって連絡もらってたりして今度会う予定です。

 

実際に芸人として活動してみて

ニューユース
アキュート
お笑いサークル立ち上げたと言っても、2人が立ち上げてるから教えてくれる人がいないじゃないですか。
それはどうやって学んだんですか?
はるきさん
教えてくれる人がいないので、僕らの場合はとにかくライブでした。

ライブでもすべってすべって、すべりまくってどうしたら受けるんだろうって、ライブでもポイントもらえない時期が長かったです。

ネタを根本的に見直したりして試してウケて、試してウケて。

新保雄介さん
当たり前なんですけど、本当にツラい時期でした。

何のために今日、時間つくってライブ出てるんだろう?誰も笑ってくれてないけどやってる意味あったのかな?っていうのが続いてましたね。

アキュート
あー、なるほど。確かに。
新保雄介さん
今年に入って票が入ってきたり、ポイントがもらえるようになったりして、今までやってきたことが結果につながったかなって。

今振り返ると良い時期かなって思います

アキュート
基本はライブでの実地なんですか?
新保雄介さん
大学のホールを借りてやってみたり、ライブに出たりしてました。

自分たちが心掛けてるのが、お客さんに聞ける時は聞いて、アンケート用紙がある時は必ず見てました。

はるきさん
必ず見てます
新保雄介さん
絶対見てます!
アキュート
なるほどなるほど。
新保雄介さん
一番自分が怖いのが、自分たちが面白いと思っているものがお客さんとか審査してくれる人とお笑いの感覚ががずれている時に一番怖いなって思って。

自分たちがネタを作ってて、僕たちのどちらかにそのセンスがないと、面白くないものを面白いと思って出し続けるんですべり続けるのが怖いので。

アンケート以外にも、自分のネタとかをして思った事と自分の中に貯めておいて、終わった後に審査員の人とかに聞いて自分の考えと合っているかを意識ます。

アキュート
ネタはどうやって作ってるんですか?
はるきさん
ネタは僕が作ってますね。
それで付け足しでやってく感じですね。
新保雄介さん
いや~、怖いですね。
アキュート
どゆこと?
新保雄介さん
相方からネタが送られてくるじゃないですか。それで好きなとこ変えて良いよって言ってくれるんですけど、自分が書いている訳じゃないんで、、

バーって消して、「消しやがったなよくも」とか怖いじゃないですか。

はるきさん
最初はそうだったんですよ。
アキュート
最初は?
はるきさん
最初はネタ書いて送って、訂正して送って、訂正して送って、お互いに1つのネタを作り上げていった方が面白くなると思ってたんです。
アキュート
なるほど、確かにそんなイメージがあります。
はるきさん
でもそれじゃあ良くないな。って思って。

ネタ書いて送ればいいやみたいな意識になっちゃうと、ネタを送る方に意識がいって自分が納得してないのにってなっちゃって。
言葉のニュアンスや尺とかが適当になっちゃってあまり良いネタが書けないんですよ。

新ネタ書くっていって1ヶ月半かかったりするんですよ。

新保雄介さん
最初はパスし合ううちにどんどん良くなると思ってたんですけど、はるきが自分で納得したネタを送ってきてくれるってことは、ある意味、自分が一番初めのお客さんであり審査員になれるって思ってるんです。
アキュート
なるほど、確かにそうかも!

話聞いてて、新潟から東京に来る行動力があるのにネタの修正が怖いって意外だなって思って(笑

新保雄介さん
恐いんですよ(笑
はるきさん
ハハハ(笑

 

学生は就活で忙しい?

ニューユース
アキュート
3年生だと学校は忙しい?
はるきさん
就活もありますし、もうそろそろインターンとかも始まりますね。

今年中にメディアに出て、活躍できる兆しが見えるなら本気で芸人を目指したいですね!

アキュート
それは大学卒業後ってこと?
はるきさん
そうです。
新保雄介さん
フリーでいくの?
はるきさん
いや、事務所所属を目指して。
アキュート
今年中?
はるきさん
今年中です!

じゃないと、高い学費を払ってくれた両親の期待を裏切るというか、、せっかく大学行かせてくれたのに、売れるか分からない状態で芸人ていうのは、、

アキュート
なるほどね。
はるきさん
自分が親だったら止めろ、って言いますもん。
大学3年生まで、その間で少しでも可能性がある。ってなったら、自分が親だったとしても「じゃあ頑張れ!夢なんだろ!」って後押しできると思うんです。
アキュート
確かにね。

自分が起業するってなった時も、過去の経験とか今後どういった事業をしたいかって話はしたからなぁ。
可能性を感じてもらうは大事だね。

新保雄介さん
今年は勝負の年ですね。

学生が就活で忙しいってやってることにプラスでやらないといけないですし。
なのでプライベート含め頑張って行きたいな、って思ってます。

 

芸人を実際にやったから感じる事

ニューユース
新保雄介さん
漫才って、一般の方の基準が高いんですよ。

テレビで放送されるのってサンドウィッチマンさんとか、オードリーさんとかだけなんで。

でも野球とかって、少年野球も見ますし高校野球も見ますし地区大会も見ますし、下があるからこそ下のレベルを見てても何も言わないと思うんですよ。

アキュート
なるほど。
はるきさん
だからね・・・、ライブに来てほしい!
新保雄介さん
漫才ってトップ層しか見えてないんで、みんなの基準が上過ぎるんですよ。

テレビとかでも下の方もやってほしいです。
だからM-1の2回戦って高校野球の地区大会2回戦くらいでしょ、って言われるんです。で、オレも正直やる前はそうやって思ってたんです。

アキュート
ハハハハハ(笑
やる前は分からないからね。
新保雄介さん
でも言ったらM-1って全国大会じゃないですか。プロの方もいるし。

下のそれだけの人がいるということは伝えたいですね。

はるきさん
だからもっと色んな人のを見てほしいんですよ。
新保雄介さん
自分Youtubeで配信してるんですけど、画面越しだと3割面白くない、と思うんですけど、、
アキュート
あー、それは別の芸人さんも言ってましてね。
新保雄介さん
Youtube見てもらって、「笑えなかった」って言われるんですよ。「そりゃ無理だよ、生を見に来てよ」って言って見てもらうと「面白かったよ」って言われたりするんで。
はるきさん
だから是非見に来てほしいですね。

地下ライブだけじゃなくて、この前は浅井企画さんの『20☆YOUNG!!』に参加して、僕らのこと絶対知らないお客さんの前で漫才やってバカウケたんですよ!

オレらのネタって面白いんだなって。プロの方と同じ場所でやって通じるんだなって思って。
だから・・・、みんなライブに来てください。

アキュート
フフフフフ(笑
そうだよね。是非来てほしいね。

 

事務所ライブを経験して得た経験

ニューユース
アキュート
事務所のライブに出てみてどうでした?
はるきさん
事務所所属してる芸人さんとか、同じ舞台に立つ芸人さんも気さくに声を掛けてくれたりしましたね。

売れる・売れないってそういうところにも出るのかな、って思いました。

新保雄介さん
自分たち事務所のライブにこの前初めて出て、初めてプロの方と仕事をさせてもらいました。
はるきさん
お客さんがお金を払ってでも見たい。って思ってもらえるライブにでたいよね。
新保雄介さん
今回の事務所ライブは間違いなく落ちた人がいて、選ばれて少しでも期待されて出してもらったんで、そこは1年やっていて大きな変化だったな、って。

自信から確信になったなって。

その中でも自分が一番嬉しかったことがあって、

アキュート
それはどんなこと?
新保雄介さん
初めてのライブ参加でしたし、若手扱いされてたんですよ。

でも自分たちが漫才終わった後に「何年目?」って聞かれたんですよ。
死ぬほど嬉しかったですね。

アキュート
それは嬉しいね!
新保雄介さん
ああ何か、そういう見てくれるようになったんだ!って。
イッチバン嬉しかったです!
アキュート
逆にツラかったことは?
新保雄介さん
周りからの声ですかね。

「何でやってるの?」とか「そんなことやってるより他にやることあるでしょ?」とか、親戚のおばさんだったり友達とかに言われたりするんですよ。
それで自分もスベったりすると、何でやってるんだろ?とかバイトしてたら7000円かぁ、とか思っちゃうこともあるんですよ。

友達とかも「大学生らしいことやったら?」って言ってくれるんですけど、飲みとかオールするとかそういったことで、自分はそういったことに魅力を感じなくて。

アキュート
なるほどね。
新保雄介さん
それならもっとスゴイことやりたいし。

パチンコとか賭け事はやらないですけど、「人生がギャンブル」なんで。

出過ぎたクギは打たれないのか、逆に開き直って、Twitterとかで事務所ライブ出るよって言い続けていたら、周りからも応援してるよ、とか期待してるよって声が出てきたりしたんで。

周りからの「何でやってるの?」とか、「学生らしいことしない」って声がツラかったですね。

アキュート
何かを始めようとするとそういった周りの声って絶対あるからね。
はるきさんはどうですか?
はるきさん
ネタが出来てないのにライブ出ちゃったことですかね。
アキュート
そんなことが!?
はるきさん
その日、3回ライブに出たんですよ。

1回目は出来たんだけど間が悪い。2回目は忘れる。3回目はできたけどウケなかった。
3回も出たのに1回もできなくて、一笑いもなくて、一番ツラかったですね。

新保雄介さん
ちょっと悪いクセも出てたよね。
アキュート
悪いクセ?
新保雄介さん
良い意味で向上心がスゴイですし、良い意味で変な方向に行くことがあるんですよ。

その時も元々ネタは出来ていたんですよ。で、前日にそのネタを練習しようってなってたんですけど、「考えてきたから新ネタやりたい」ってなって。

アキュート
前日に!?
はるきさん
そうです。前のライブでウケなかったから変えたい、って言って。
新保雄介さん
向上心がスゴイんで、こっちを今から覚えようってなって、夜中の12時に完成したネタを今から練習するってなって。

「無理だって」とは言ったんですけど、ネタではすべりたくないし、ウケたいし頑張りたいって思いがあってなんで。

アキュート
そうですよね。前のライブでウケなかったから変えたいんですもんね。
新保雄介さん
行きの電車で死ぬほど覚えて、・・・で結果オレ覚えてないんですよ。
アキュート
ハハハハハ(笑
新保雄介さん
今思えばいい経験ですけどね(笑
はるきさん
やっぱり面白いネタを何回もやって、何回もやって間の取り方を覚えてライブで力を発揮する、っていうのが学べましたね。
新保雄介さん
ネタを頭の中で再生しなくてもできるくらいじゃないと、漫才ってできないなって思ってて。

ネタ自体は作れるんですけど、動きだったり表情とかがついてこなかったりすると思うんで。

本当のネタの完成って芸人さんとかでも1年間に12本とか作って、6カ月くらいかけてライブして、結局1年に1本できるかどうかって言ってたんで、自分たちもそういう意味では1本作るのに2ヶ月とか3ヶ月かかると思ってるんです。

今までは完成って言うのが、ただ2~3分間考えたネタが言えて、動きが出来たらOKだと思ってたんですけど、今は映画見ながらでも漫才できるぐらいが本物だなって。

アキュート
なるほど!

漫画家さんだったら書くのがゴールじゃなくて読んでもらうのがゴールだし、役者さんだったら演じることじゃなくて演じたことで相手に何か感情を揺り動かすのがゴールだもんね。

新保雄介さん
プロの芸人さんとかだと、ちょっとアクシデントがあった時とかにお客さんイジって、またネタの途中から戻ったりできるんで。
自分たちは追ってるんで、何かが起こった時にネタが吹き飛んじゃう。

その次元までのネタが今は1本なんで、M-1までにそういったネタを少しずつ増やしたいですね。

アキュート
今年のM-1だね。
時間が限られてるからね。
新保雄介さん
「今年こそ売れるぞ!」って言う人って割といると思うんですけど、目標が細部化されてないんですよね。

どういう風に売れるの?ってなると「へぇ?」ってなると思うんです。

自分たちはそういう風にしたくないんで、今月はネタ作ろうとか、今月はライブに何回出ようとか決めてます。
時間が無い分、集中してますね。

アキュート
正直、期限があった方が絶対良いと思っていて。

以前お会いした漫画家さんも言ってたんですけど、いつまでに何をやる!っていう夢というあやふやなものではなく、明確な目標を掲げて、それを達成することが近づいていくために必要っておっしゃっていて。

「いつかは、、、」って言っていても、そのいつかは永遠に来ないと思うんですよね。

多分そういった方は来年も再来年も同じこと言っていると思う。

はるきさん
浅井企画さんのライブ出た時も「5年で売れる」って言ってもらえたんですよ。

正直嬉しかったんですけど、それだったら1~2年で売れたい!って思いましたね(笑

アキュート
その勢い良いね!

 

芸人を目指したい、夢を追っている人へ一言

ニューユース
アキュート
これから芸人さんになりたい方とかなってみようかなって言う人に実際1年間やって見たからこそ分かること、伝えられることってありますか?
はるきさん
甘くないよ!
アキュート
ハハハハハ(笑
はるきさん
見て学ばないと。
あとちゃんと反省しないと。・・・ダメですね。
新保雄介さん
逆に自分は楽しいよ、って伝えたいですね。

学校だったりいやいや勉強することが多かったと思うんですけど、本当に漫才が好きであれば、ネタ覚えるのも苦じゃなかったりしましたね。

はるきさん
最近ウケが狙えるようになってきて、今までやってて楽しかった漫才が本当に楽しくなりましたね。
新保雄介さん
最近変わってきたのがですね、テレビに出るため有名になるための漫才だったのが、自分たちの漫才をより多くの人に見てほしいからテレビに出たいってなりましたね。
はるきさん
多くの人に知ってもらいたいね。
新保雄介さん
そうだね。
漫才のとらえ方が変わってきて、芸能界へのパイプだと思っていた漫才が今は真逆ですね。

 

夢がない、目標がないという人へ一言

ニューユース
アキュート
今後は逆に、人を見て学ばない人とかさっきの反省しないとか、特に目標が無いって人もいるんですけど、そういった方に一言お願いします。
はるきさん
人生楽しくありたいんで、楽しんだ方が良いです。
新保雄介さん
自分の人生、自分が主人公。

自分の友達はそういう人が多いですね。

アキュート
自分も大学生の頃って、バイトか遊んでって感じで就活も遅かったからなぁ。

でも成長したい!ってのはスゴイあって、新卒で入った会社でも先輩に自分から聞きにいったりはしょっちゅうしてましたね。

はるきさん
人の生き方は人それぞれなので強制はしないですけど、何か目標を見つけてほしいです。

大学生って人生の夏休みって言われてるんですよ。

4年間という夏休みをどう過ごすかがスゴイ重要で、飲んで楽しく過ごすのも良いんですけど自分への投資ができる4年間なので。

アキュート
夏休みの過ごし方はそれぞれだね。
はるきさん
社会人になってから成長するのってすっごい大変だと思うんですよ
新保雄介さん
ホントに大変だと思うんです。
はるきさん
この4年間。どう過ごすかで今後の人生も変わってきますし、何かはしてほしいですね。

勉強、遊び、それ以外で何か一つ。

アキュート
それ以外かぁ、、
はるきさん
例えば何でも良いんです。1ヶ月1万円で生きるとか!
アキュート
ハハハ(笑。なるほど!
はるきさん
そういう目標を掲げて達成するとか。
新保雄介さん
自分にルールを設けてそれを守ってる人ってそれだけでカッコいいですし、誰にも言われずに自分でここまでやるって決めたルールを守ってる人が成功してる人だと思うんです。

仕事でもこの量をやると決めて、それを繰り返しできる人が成功していくと思うんで、自分も筋トレとかですけど目標を決めてやってますね。

アキュート
月1万円で生活をしてみる!
ダイエットすると決めたらやる!
目標だったり、何かを決めて行動してみるってことですね。
本日はありがとうございました!

 

 

ニューユース