東京コミュニケーションアート専門学校向けビジネスマナー講座!

専門学校TCA向けカリキュラム

東京コミュニケーションアート専門学校向けビジネスマナー講座!

先日、東京コミュニケーションアート専門(以下、TCA)向けに、ビジネスマナー講座を開きました。

 

これは、弊社の経営理念でもある、「全ての人の成長と、社会全体に貢献して、次の世代を築く会社を目指す」の一環としてとなります。

 

通常は、正社員経験が無い人やキャリアアップのための「ワークライフなび」というサービスで開放しているカリキュラムとなります。

 

カリキュラムでは、ビジネスをする上で知っておいた方が良い、ビジネスマナーであったり、ビジネススキル、ビジネスマインドを学ぶことができます。

 

そんなカリキュラムの一部を開放ということで、今回はTCAの学生さん向けにビジネスマナー講座となります。

 

今回の内容としては、
・挨拶の仕方
・名刺交換
・手紙の書き方
・上座、下座について

 

これが、実際にビジネスの場で活躍している人から学ぶことができます。

 

当日は専門学校生も含め、10名を超える多くの人に参加いただきました。

 

緊張気味の生徒さん達。

専門学校TCA向けカリキュラム

 

普段は専門学校の中で技術を学んだりしているため、スーツに身を包み、会社に行っての研修となると普段と勝手が違い、緊張してしまうのも無理はありません。

 

企業で研修を学ぶと、こういった経験をすることもできるので、これも一歩踏み出したからこそ分かる一つの貴重な体験です。

 

まずビジネスマナーに入る前に、改めてビジネスマナーがなぜ大切なのか?を考え、知ってもらいます。

 

社会で働く人は普段何気なく使っているビジネスマナーですが、改めて考えた時にそのビジネスマナーは本当に正しいのか?もしかしたらもっと良いのがあるかもしれません。

 

今回は学生さん向けということもあり、社会に出る前のステップアップとして少し考えてもらいました。

 

ただ何も考えずカリキュラムを受けているよりも、自分にとって何が役立つのか、自分が特に気を付けないといけない点はどこか、など考えながら学習することで吸収力はアップします。

 

それではいよいよビジネスマナー講座が開始です。
・まずは、挨拶
・続いては名刺交換
・手紙の書き方
・上座、下座
・最後に

 

専門学校TCA向けカリキュラム

 

まずは、挨拶

新卒の頃、習ったことがあるかもしれませんが、その場のシーンによってお辞儀の深さを変える必要があります。

 

あとはどうやったらキレイなお辞儀になるのか。

 

アルバイトをしていても、こんなことを教えてもらえることはありません。

 

こうしたビジネスマナーを一つ知っておくだけでも社会人になった時に、「あっ、これやったことある。」と思い出すことができ、心がちょっと軽くなります。

 

続いては名刺交換

営業マンをしている人だと、一カ月に100枚とか200枚とか名刺を配ることもあります。

 

逆に、内勤の人だと月に片手で数えられるぐらいしか名刺を配らないなんてことも。

 

しかし、いざ名刺交換の場になった時に、名刺交換は日常的に行われているので、できるのが当たり前といった雰囲気があります。

 

新卒の人がまず初めに緊張するのは名刺交換の場だと思います。

 

名刺交換も上司の人がうまくつないでくれれば良いですが、必ずしも想定通りの流れになるとは限りません。

 

しかし、事前に1回でも練習しておくことで、気持ちが軽くなります。

 

1回でも経験しているか、1回も経験していないか、でその時の言動が大きく変わります。

 

専門学校TCA向けカリキュラム

 

手紙の書き方

手紙の書き方や結婚式の招待状への返信のマナーがあることをご存知でしょうか?

 

親が教えてくれたから知っている人もいれば、ずっと一人暮らしをしていて、結婚式の招待状の返し方にマナーがあることなんて知らない、という人もいます。

 

そして、ビジネスシーンで使われる手紙においてもマナーがあります。(最近では手紙の数が減ってきましたが。。。)

 

しかし、知っていて実践するかで手紙を受け取った人の印象が大きく変わります。

 

「あっ、この人は知っている人なんだな」と

 

手紙の書き方や結婚式の招待状の返信マナーの詳細について覚える必要はないです。ググれば出てくるからです。

 

しかし、そもそもマナーがあることを知らなければググることもできません。

 

まずは、手紙の書き方にマナーがある、結婚式の招待状への返信マナーがある、ということだけ覚えておけば、何かあった時に「あっ、そういえば」と思い、ググることができるからです。

 

上座、下座

上座、下座という座る位置が関係するビジネスマナーがあります。

 

社会人になってよく上座、下座が登場するのが、お客様が来社した時の座り方だと思います。

 

これも当たり前のようにみんな使っているので、会議室の座り方については覚えておいた方が良いです。

 

上座、下座のルールは、会議室だけでなく、エレベーター、タクシー、居酒屋などなど、様々なビジネスシーンで実は登場します。

 

多くのお客様と接するような職業の人は全てのシーンで上座、下座を覚えた方が良いかもしれません。

 

しかし、通常の仕事であれば、会議室の上座、下座をマスターしておけば大丈夫かと思います。

 

最後に

研修終了後、専門学校の生徒さんにアンケートを記入いただき、次回も同じようなカリキュラムがあったら受講したいとの声もいただきました。

 

いただいたアンケートをもとに、より良いカリキュラムにしていきたいと思います。

 

カリキュラムをより良くすることで、専門学校生やビジネスマナーを受けたことが無い人がより成長できるような内容にしていきたいと考えています。

 

アキュートでは、一人一人に専任の先生がつくことで、「派遣+教育」を通した成長を実感してもらうための『ワークライフなび』というサービスを展開しています。

 

今回は専門学校向けのビジネスマナーでしたが、こうした活動がより広がっていくことを願っています。

 

 

アキュートでは仕事で迷っている人、困っている人を募集中!
「教育+派遣」を通して成長し、将来の正社員を目指しませんか?

LINE@で友達になる

友だち追加

専門学校TCA向けカリキュラム