変えたい、変わりたいと思うあなたにまず知ってほしい1つのこと

変えたい、変わりたいと思うのは誰しも思う事

「自分を変えたい、変わりたい」と、
殆どの人が一度は思う事だと思います。

人は誰しも不満や悩みを抱えて、変わりたいと願っているものです。

でも、すぐに幸せになれるわけでもなく他人になれるわけでもないのが現実です。

でも、人は間違いなく変われます。

どうすれば変われるのか・・・。

それにはまず
「自分を認める」
ことです。

自分の長所や短所だけでなく、容姿、性格、環境、収入、人間関係、過去etc…

これら全てを「紛れも無い自分自身」だと認める事です。

 

自分が今どこにいるか分かるから前に進める

カーナビの地図で例えるなら、自分が今どこにいるかをまずは把握することです。

地図でも今自分がどこにいるのかわからないと、どこにも動けません。

そこから始めなければ人は”理想の自分”になる事はできないと思います。

でも、これら全てを自分で把握するのは難しいです。
なので、自分のことを知っている人に聞いてみる事から始めてみるのが良いと思います。

家族でも友達でも知人でも誰でもいいので、嘘偽りなく教えてもらう事です。

自分の事を客観的に知る事は、ある意味恐怖を伴うこともあると思います。

人間は本能的に変化を嫌う生き物なので恐怖を感じるのは当たり前な反応なんです。

でも、変わりたいと心の底から思っているのであれば、そこの恐怖に立ち向かい乗り越える必要があります。

変われない自分を周りの人のせいにしていないでしょうか?
環境のせいにしていないでしょうか?

「なんで、あの人は私の事を分かってくれないんだろう」こう思う事は誰しもあると思います。

しかし、相手を責める前にまず自分が自分の事を知る必要があります。

相手は自分の本質を見抜いた上で、自分自身でさえも気付いていないところを教えてくれてるのかも知れない。

それなのに聞き耳たてずに見て見ぬふりをし、相手を非難する。

そうではなく、なぜあの人は私に対してそういう事を言うのだろう、ああいう行動をとるのだろう、そう考えるだけで向かうべきベクトルが相手ではなく自分に向く。

そこで自分を知り、そして認める。

ここに気付けてない人は一定数います。

もしかしたら、気付いてるけど変化を恐れて逃げてる人が多いだけなのかも知れません。

変化を恐れ、行動しない自分を言い訳を並べる事で正当化するのは、自分の首を締めるだけなんです。

まずは、自分自身を客観的に明確に知り、そしてその全てを認めてみる事がとても大事です。

アキュートで取り入れているTA制度は、個人に対して1人担任の先生がつくイメージです。

その人の本当にやりたい事をしっかりとヒアリングする事から始まります。

そして、やりたい事に対して進むべき道を提示し、サポートするところはしっかりと支えて、向かうべき道を外れそうな時は客観的な視点から本人も気付けない部分をしっかりと助言してもらえる制度となってます。

親や友人、知人とはまた違った、”アキュートならではの視点”で、その人のキャリア支援を行っていくアキュートは、変わりたいと思っている全ての人を応援する会社となっています。

自分自信を変えたいと思う人は、客観的な意見を大事にし、今の自分を認めてみる事から始めてみましょう。

それが変わった先の”理想の自分”へ近づく第一歩となります。

ではでは、、、

 

アキュートでは仕事を探している方を募集中!
教育+派遣をすることで成長し、将来の正社員を目指しませんか。