1商品数千万の世界から280円の世界に転職した人の忘れられないセリフ

学生時代に価値観が人によって違うと感じたこと

価値観は人それぞれとは言いますが、学生時代アルバイトをしている時に1つ学んだ経験があります。

その当時、わたしは居酒屋のアルバイトとして時給で仕事をしていました。

どんなに一生懸命働こうと、手を抜いて働こうともらえる金額は同じです。

そこに関して不満は特になく、自分はどちらかというと成長したいという気持ちが強かったので一生懸命働くことを選択していました。

そんなある日、居酒屋の社員の方と話すきっかけがありました。

わたしは社会に出たことはなかったのですが、成長したい→早く働きたいと思っていました。

 

居酒屋の社員さんに言われた忘れられない一言

そんな理由からある日、
「なんで〇〇さんは居酒屋で働いているんですか?」
と、聞いてみました。

「元々は製造業などで働いていて、1つの商品を売ると売り上げが100万だったり多い時では1000万といった数字が出る仕事をしていたんだよ。
でもそんなある日、居酒屋の仕事に出会ったときに、たった280円の商品1つを売って、それをみんなでたくさんのお客さんに提供することで大きな売上と利益を得る。
って知った時にこんな世界があるのか!?って僕にとっては衝撃的だったんだよ!」

社会に出たこともないペーペーの学生だったわたしには衝撃的でした。

もう10年以上前の話になりますが、今も忘れられません。

わたしからしたら、1000万といった大きな金額を動かしている人の方がビジネスマンとしてカッコイイと思っていました。

実際、高層マンションに住んでブランド物で身を包んで、「どうだオレ、いけてるぜ」的な人も中にはいます。

でも何百万、何千万といった金額を動かすことではなく、目の前にある一つ一つの商品を直接お客さんに届ける。そして、感謝とお金をいただく。

色々な価値観があります。

ビシッとスーツを着こなしたい人
普通の生活がしたい人
とにかく稼ぎたい人

居酒屋の社員さんは過去の経歴から実際に飛び出し居酒屋の社員として働くことで日々楽しそうにしていました。

今までとは違う体験をしてみると、「やっぱり自分には合わないなぁ」と思うこともあれば、「意外とオレに合うぞ!」といった良い経験を得ることもあります。

人によって価値観は違う。

だからこそ色んな人の話を聞いてみたり、試しにいつもと違うことをやってみるのは大切なんだな。

と21歳だったわたしは思っていました。

 

当時の居酒屋の社員さんより年上になってみて

あれから10年以上経ち、社会人経験もたくさんしてきました。

今では当時の居酒屋の社員さんの年齢より上になっています(笑

価値観は人それぞれだからこそ、年齢問わずこれからも色んな人の話を聞いてみたいと思っています。

実際に、
同じ失敗を何回も繰り返してしまう人
遅刻を何回もしてしまう人
言い方が悪くて周りが離れていってしまう人
起業する!といって会社を辞めたけどいつまでたっても起業しないで「準備中なんだ」といっている人

などなど

色んな人の話を聞くからこそわたし自身の価値観が広がることもあります。

そして聞くだけでなく、今まで自分が経験したことを色んな人に伝えることで、何かきっかけなったら良いなぁ、と思いながら活動しています。

 

アキュートでは仕事を探している方を募集中!
教育+派遣をすることで成長し、将来の正社員を目指しませんか。