「多動力」を読んで学んだ3つのこと

多動力を読んで学んだこと

ホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」

僕は会社員になってビジネス書をよく読むようになりました。

ホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」もその中の一冊です。

 

多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力のこと。

 

一昔前はこの多動力がある人は落ち着きがないと言われ、マイナスな印象を与えてしまっていた。

けどIT化が進み、AIが発達してきて、SNSが生活の中に当たり前に組み込まれている時代となった今こそ多動力が、時代の波に乗るために最も必要な能力だと、この本には書いてあります。

その中でも僕が印象に残った3つをシェアしようと思います。

 
3つのこと

1.見切り発車は成功のもと
2.おかしなヤツとは距離を取る
3.人生に目的なんてない

 

1.見切り発車は成功のもと

日本人の方は特に多いと思いますが、「とりあえず考えてから、やります。」という人が多いです。

 

かく言う僕も同じような事をしてきた経験がたくさんあります。

でも、この本を読んで「考えていたら、いつかは答えが出る」と勘違いしている自分に気付けました。

 

考えて答えが出るのであれば、何かしら答えが出て何かしら行動を起こして何かしらの結果を出していると思います。

しかし、自分の経験を振り返ってみると、そんなことはありません。

 

「考えてから、やります」は行動できない自分を正当化できる魔法の言葉だと言うことを教えてくれました。

 

「やりたいと思ったことは、今すぐにやってしまおう。」走り出して壁にぶつかったら、それはその時に考えればいいということ。

 

アキュートには、この考え方がしっかりと根付いています。

今後、定期的に開催していく『夢追い人応援イベント』の会議の中でも「とりあえずやってみよう!」という気持ちで楽しみながら企画が進んでいきます。

 

2.おかしなヤツとは距離を取る

社長の永吉は「アキュート時間」という言葉をよく使います。

仕事をやる上で、今自分がやっていることは「アキュートにとって」本当に必要かどうかを考えることが大事だと言っています。

 

堀江さんもこの本の中で、自分の時間を奪う人間とは付き合ってはいけない!付き合わない人間を明確にすることも大事とおっしゃっています。

 

仕事でもプライベートでも、あくまでも自分の人生は自分のものです。

 

時間=命です。

人は時間いう命を削って生きています。

 

だからこそ、無駄に命を削られるような人とは関わらないようにすることが、自分の人生を楽しく生きていくコツでもあるのかなと思いました。

 

3.人生に目的なんてない

堀江さんは、全ての行動の原動力は「おもしろいから」だと仰っています。

さらに将来の夢や目標は必要ないとも書いてあります。

 

「今」を精一杯楽しむこと。

 

今を楽しんでいれば、目的なんて自ら達成しており、結果は勝手に後からついてくるという言葉は、僕の中ではとても響いた1つでした。

 

以上が、堀江貴文さんの「多動力」を読んで学んだ3つのことです。

 

今あげた3つに共通する事は「時間」です。

・考えてるだけで行動しない時間
・時間を奪う人と関わっていると時間がどんどん減らしていく
・「今」というかけがえのない時間をいかに楽しく過ごすことができるか

 

1分1秒を大切に生きていくことの大事さを教えてくれた一冊でした。

 

自分の今の時間の使い方に満足していない人は是非、読んでみて下さい!

 

ではでは、、、

 

 

アキュートでは一緒に成長したい人を募集中!
教育+派遣をすることで成長し、将来の正社員を目指しませんか。

友だち追加

多動力を読んで学んだこと